1. HOME
  2. 特集
  3. アスリートインタビュー【長田豪史】Transgrancanaria360° 後編

SPECIAL

特集

アスリートインタビュー【長田豪史】Transgrancanaria360° 後編

アスリートインタビューではトップランナーにレースの詳細や日々どのように練習に取り組んでいるのか?
ここでしか聞けないランナーのインタビューを公開しています。

 

前回、Transgrancanaria360°のレースについて話して頂いた長田選手に12月のフォルモサトレイル104kmからTransgrancanaria360°までの3ヶ月間どのような練習量だったのか、リカバリーはどのように行ったのかなど。
具体的な取り組みについてお伺いしました。


2019年FORMOSA TRAIL104kmにて大会新記録で優勝し、グランカナリア360でも世界屈指のトレイルランナーLUCA PAPI選手と最後までトップを争い続けた「長田豪史」選手のスペシャルインタビューです。

野外撮影の為雑音が多く聞き取り難く申し訳ありません><

長田豪史選手紹介
PowerbarTopspeedサポートアスリート。
中学・高校・大学と陸上競技を続け、大学4年の夏、ロードレースに出場する流れでトレイルレースに出場。 それ以来トレイルランニングの魅力にハマり、社会人から競技をトレイルランニングに専念。 世界で活躍するアスリートになるという夢に向って競技に取り組む。

レース成績
<2019>
フォルモサトレイル(台湾)104㎞ 優勝
OSJ新城トレイル64㎞準優勝
比叡山インターナショナルトレイル50㎞準優勝
信越五岳100mile 6位
ラスポルティバ トレイルデルマルケザート38㎞(イタリア)9位
アルティメットツァイグ110㎞(中国)9位
トランスグランカナリア(スペイン)65㎞15位
UTMB―CCC(フランス) 73位(日本人一位)

<2018年>
The4100Dマウンテントレイルin野沢温泉65㎞優勝
フォルモサトレイル65㎞優勝
トランスチェジュ50㎞(韓国)3位
比叡山インターナショナルトレイル50㎞3位

<2017>
トランスチェジュ50㎞(韓国)優勝
スカイランニング日本選手権 準優勝
スカイランニングアジア選手権54㎞(香港)3位銅メダル
ハイワンスカイランニング20㎞(韓国)3位


長田選手は2020年よりパーソナルトレーニングを提供するコアデザインのサポートアスリートとして専門的なカラダのコンディショニングや体を整える独自のトレーニングを行っております。


また、運営するORIGINAL RUNNING EDUCATIONではトレイルランニング講習会などを行っております。